置き換えダイエットの失敗には共通点がある?

どうすれば継続できるかがポイント?

どうして

置き換えダイエットは今や多くの方が実践している人気のダイエット方法となりました。

 

特にスムージーが一般的になったことで、お家で簡単においしく飲める置き換え食品が作れるとあって一気に人気が出てきたように感じます。

 

なんだか最近になって流行ってきたようなきがしてしまいますが、思い返してみるとかなり前からある方法で、ただ単に何に変わってきたか?とうことだけだと思います。

 

リンゴやバナナで置き換えるダイエットもありましたね。

 

このように長い間多くの方に愛されている置き換えダイエットですが、挑戦するための敷居が低いために多くの方が参加するけど、実際には失敗している方もかなり多いと思います。

 

実施した方に体験談を聞くと、大体の方が短期間で痩せることはできているみたいなんです。

 

当たり前の話ですが、1食で置き換えることによって、間違いなく摂取カロリーは減っているわけなので、少なからず一時的には痩せることができるわけです。

 

問題なのはそれをどのように継続するかでしょう。

 

バナナやリンゴによるダイエットが流行っていたころから失敗の原因って実はあまり変わっていないような気がします。

 

ついつい、何を摂取するかが問題のような気がしてしまいますが、スムージーでもリンゴでもシェイクでも失敗することもあるわけです。

 

つまり、問題なのはどうすれば一時的にでも効果のあった方法を続けることができるのかということなのです。

 

そこで、これから置き換えダイエットに挑戦しようとしている方が、今までに実施して失敗した多くの方と同じような理由で失敗してしまったり、自分が思っていたより難しかったからやめたいとか、思ったより体重が減らないから違う方法を考えよう、みたいなことにならないように、先人の体験談を紹介していこうと思います。

 

実体験を参考にすることで、今考えているよりもリアルに想像できるでしょうし、これならやれるかも、またはこれならやりたくないといった判断もしやすくなると思うので、是非参考にしてみて下さい。


おすすめのダイエット方法

私は今までにスムージーやダイエットシェイクなどの色々な置き換えに挑戦をしてきました。

 

そして、別の記事でも色々な方法についての失敗談や成功のポイントなどをかいていますが、やっぱり大切なのは楽しみながら続けることができるか?という点だと思います。

 

多くの方法はカロリーをいかに減らすかということばかりに重きを置いているために、とてもおいしいと思える味じゃなかったり、どうみてもおいしくなさそうな見た目だったりするものが多いですね。

 

だけど、しっかりと継続するためには多少カロリーは高くてもおいしいものであったり、見た目が鮮やかなものの方が絶対にいいと思います。特に女性の場合はそうでしょう。

 

味、見た目、カロリーという要素がどれだけうまくバランスがとれるかががダイエットの成功のカギだと思います。

 

そのため、置き換えダイエットもいいのですが、心の満足感というものも見逃してはいけません。

 

多少お腹が減っていてもおいしいと感じるものに置き換えないと、結局我慢を重ねてストレスが溜まって、抑えきれなくなってドカ食いという流れになってしまいます。

 

そのため、置き換えでダイエットが成功するならベストですが、時にはカロリーよりも味を意識してみるといいでしょう。

 

例えば食べ放題などに行くと、味よりも量であるために、いくら食べても心が満足せず、カロリーオーバーになってしまいます。

 

しかし、ちょっと贅沢なレストランなどでゆっくりと味わいながら食べると、実はそれほどの量でもないのに最後のコーヒーまで飲み終わる頃にはすっかり満足ということも多いのではないでしょうか。

 

このように、心の満足するものに置き換えることで、ドカ食いも防ぐことができるので、一時的にストレスを解消する方法としておすすめです。

 

そして、ストレス解消で食べた分はダイエットサプリメントなどを利用して少しでも体重に影響しないようにすればOKでしょう。

 

私が実際に使ったダイエットサプリはこちら キュートミーの効果は2つの成分が決め手

 

ダイエットはリバウンドしたときが失敗ではなく、ダイエットという活動を辞めた時が失敗なので、うまくストレスをコントロールしながら続けることが重要です。

今まで私が太っていることに関して誰も何も言わず、毎日好きなように食べてどんどんと太っていきました。ある日親戚のお通夜の席でのこと。酔った叔父が突然私の元へ来て「おまえ随分太ってるな。よくそんな姿で来たな。みっともないぞ」と言ってきました。それまで太っていることはさほど気にしてなかったのですが、大勢の人の前で大声で言われ、悔しいのと悲しいのとでこれは痩せなくてはいけないと思いました。半年後に従妹の結婚式を控えていたので、この体型のままでは着れるサイズのドレスがなく、少しでもおしゃれなドレスが着てみたいと思ったのと、従妹の友人たちにみっともない姿を見せられないと思い、ダイエットをすることにしました...
独身時代は40キロ半ばで洋服も7号やSサイズ、ガリガリではないものの細い部類でした。ですが結婚後見知らぬ土地に引っ越したストレスと、職場でのお局いびりのストレスが重なって体重がプラス20キロに。始めの頃は痩せたいなと思っても、旦那も何も言わないし、そこらへんの洋服屋の洋服が普通に着られていたのでまぁいいかー、と思っていたのですが、Lサイズの洋服さえきつくなってきたとき本当にヤバいと思いました。極めつけは旅先で録った写真です。デブになった自覚はあったものの、写っていた自分が、自分の自覚以上に太っていました。そしてそれが巨漢の母親そっくりだったのです。これはここらできちんと気を引き締めないとあっと...
20代後半、夜遅い残業が続いて夜の食事がコンビニ弁当になることが多かったり、仕事の関係でお酒の席も週に数回あった時期があって、短期間に10kg近く体重が増えてしまいました。その時は休みの日に運動したり、自転車通勤をしたりと工夫しましたが、疲れが残るばかりであまり効果が得られませんでした。やっぱり食事制限をしなきゃと思ってやってみたものの、食べる量を減らすとやる気が出ず、頭がぼーっとして仕事に支障が出るし、顔色が悪いと言われたり、立ちくらみなども出てきていたので、闇雲にやせようとして体調を壊す悪循環を断つために、まずはしっかりした体調管理と栄養摂取が必要と考えました。ただ、仕事で帰宅が遅いのは変...
私よりも年上で子供も産んでいる同僚たちにスリムな人が多く、独身で子供もいない自分が太っていることが少々恥ずかしくなりました。職場では私服での通勤だったため、毎日着て行く洋服も大きなサイズだとおしゃれな服もなく、いつもダラっとした体型の分かりにくいワンピースばかり着ていたので、周りの同僚たちのようにオシャレな服装を着こなしてみたいという思いが強くなりました。私は身長が高い(167cm)ので太っているということはさほど目立たないのですが、同じ身長の人でも私よりも10kg痩せている人はやはり見た目がスマートでかっこよく見えるので、自分も痩せたらあんな風に見えるのかなと思って、すごい憧れを持ちました。
元々標準体重でダイエットとは無縁の生活をしていましたが、産後太りから抜け出せず、子育てに追われる事もあって何も対策をせずにいたら、肥満体系と言われるまでに太ってしまいました。昔の友人からは別人だと言われますし、主人からは少しは身なりに気を付けたらと苦笑いしながら言われる始末でした。ダイエットしようと決めたのは息子の公園デビューでの事でした。息子はちゃんと友達が作れてよかったのですが、私は内気なのもあり、しかも周りのお母さん達に私のように太った人が居なかったので声をかけるのが躊躇われ、優しいお母さん(ほっそり美人)から声をかけて貰っても自信が持てず曖昧な態度ばかり取っていました。そんな自分が嫌で...
元々ぽっちゃり気味の体型で、数年前健康診断でダイエットのために運動をするよう勧められ、ダンス教室に通うことにしました。ダンスに通って1年ほどで8キロの減量に成功しその後も5年間ほど続けていました。そのため、ここ数年はずっとぽっちゃりというほどでもなく、ごく普通の体型をキープすることができていました。ところが昨年末に椎間板ヘルニアになってしまい、ダンスを一時お休みすることになりました。ちょうど年末に動けなくなったために、お正月休みなども挟んだせいもあって、あっという間に体重が3キロ増え、さらにお腹周りや腕周りなどの肉がたるんできてしまいました。暖かい季節になり薄着になるとたるんだ部分がそれが目立...